議会質問

皆さまの声を
県政に、
カタチに

2008年 2月定例会(2/29)

  • 2008年 2月定例会(2/29)

    テーマ医療・福祉・共生に光を

    救急医療体制の整備について

    救急医療体制の整備について - 質問 - 次に、救急医療体制についてお伺いをいたします。 昨年夏、奈良県の妊婦が救急搬送中、9つの病院に受け入れ拒否をされ、いわゆるたらい回しにされた結果、死産をした事件がございました。実は、こうした救急患者のたらい回しの実態は妊婦に限らず、その後も全国に後を絶たない状況なのであります。

    詳しく読む
  • 2008年 2月定例会(2/29)

    テーマ若者・女性に輝きを

    少子化対策について

    少子化対策について - 質問 - 次に、少子化対策についてお伺いします。 そもそも少子化はいつごろから始まったのでしょうか。厚生労働省の人口動態統計によりますと、合計特殊出生率が人口の置きかえ水準である2.08を切り2.05となった1974年がその始まりと考えられます。以来、少子化は加速し、ついに2004年をピークに我が国は人口減少時代に突入いたしました。

    詳しく読む
  • 2008年 2月定例会(2/29)

    テーマ若者・女性に輝きを

    ニート対策について

    ニート対策について - 質問 - 次に、ニート対策についてお伺いいたします。 本県のニート人口は、2005年の内閣府調査によると、2002年時点で1万500人、若年者人口に占める割合は全国ワースト5位であります。この現実は、未婚、非婚、晩婚から成る少子化への歯どめという意味からも、人口減少時代における若年者雇用、労働力の確保という意味からも、極めて深刻な意味を持つものと認識せざるを得ません。

    詳しく読む