議会質問

皆さまの声を
県政に、
カタチに

医療・福祉・共生に光を

  • バリアフリーについて - 質問 - 次に、カラーバリアフリーについてお伺いいたします。 身体障害者福祉法によりますと、視覚障害は視力や視野の障害で永続するものと定義され、これには、赤と緑の違いがわかりにくいといった症状を有する色覚異常は含まれません。したがって、当事者の方々は身体障害者として認定されず、いわば法のはざまに抜け落ちた状態にあると言えます。 国の推計値、男性5%、女性0.2%に当てはめますと、本県における色覚異常の方々は男女合わせて約3万4,000人程度となります。推定とはいえ、これは大変な数です。そうした方々が感じる不安や不便を解消することは、「障害者に愛顔を」を公約の一つに掲げる中村県政にとって重要な課題と言えます。

    詳しく読む
  • 感染症対策について - 質問 - 感染症対策についてお伺いいたします。 本年3月、アフリカギニアで集団発生したエボラ出血熱が、猛威を振るっています。致死率は50%、この史上最悪と言われる感染症による死亡者数は、9月7日時点で2,218名に上っています。先月には、WHO世界保健機関から、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態宣言が出されたところであります。

    詳しく読む
  • 2013年 9月定例会(9/18)

    テーマ医療・福祉・共生に光を

    地域がん登録事業について

    地域がん登録事業について - 質問 - 次に、がん対策のうち、地域がん登録事業についてお伺いをいたします。 本県では、平成20年3月に5カ年計画である愛媛県がん対策推進計画を策定し、平成22年3月には議員提案による愛媛県がん対策推進条例を制定するなど、これまで計画をもとに着実にがん対策に取り組んでこられました。

    詳しく読む