公式ブログ

ビジョンの実現めざす、
活動の足あと
  • テーマその他

    初めての予算要望、に思う

    1月も、今日で終わり。早い早い。 午前、わが会派の予算要望書を加戸知事に提出した。正式には、平成20年度当初予算編成に関する要望書、である。 まだ議員経験が1年も満たない私にとっては、年に1回しか行なわれない行事はすべて初体験であり、今回もそうであった。 会派の笹岡・豊田両先輩とともに応接室に通され、ご挨拶を行なった後、知事とともに居並ぶ県幹部職員各位を前に、私の方から要望書を読み上げさせて頂いた。 この要望書のもつ意味は大きいぞ、重たいぞ、と頭の中でグルグル考えながら、20分間一気にしゃべりつづけると、のどが、カラカラになった。 はたして、それは、県民の皆様の声を細大漏らさず、きちんと網羅できているだろうか。また、庶民を代表する会派としての視点に、明確に立脚できているだろうか。 この間、個々で考え、また、会派として議論を重ねてきた集大成でもある私たちの要望書は、行政カテゴリ全般にわたり232項目、内、重点52項目という内容となった。 朝から、各会派順で立て続けに要望を受けられる加戸知事も、少々お疲れのご様子だったが、ぜひとも実現に向けた前向きの検討をお願いしたいと思う。 さて、初めての私の所感はというと。なるほど、年度当初予算はこのような手続きを経て成立していくものか、ということである。 そして、手続きは、踏んだ。で、次の瞬間、思ったのは、その後は?ということである。 各会派から預かった膨大な要望を、今度は理事者側にて検討を行い、それを次の2月議会に来年度予算案として上程するのである。 が、はて?この3週間くらいの短期間で、そういった検討がはたして可能なのだろうか。 あれかこれか、を強いられる究極の財政難の中で。前例踏襲も部局権益も乗り越え、優先順位をつけ取捨選択をしながら。 会派を通じた県民の皆様のご要望が最大化されるような経営資源・財源の配分が、はたして本当に可能なのだろうか。 その議論は、すさまじいバトルになることは容易に推察できるのである。そんなふうに考えると、なんだか予定調和の感がしなくもない。 であればどうすれば、ということを考えなければならないし、それは、おそらく県民本意の、抜本的な議会改革の話につながってもこよう。 まだ駆け出しの身ではあるが、その視点を決して忘れることなく持ちながら、今、目の前に直面する1つ1つのことをしっかり受けとめてまいりたい、と思う。

    詳しく読む
  • テーマその他

    足下を掘れ、そこに泉あり、を思う

    午後、高知市で開催された、中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)四国支部主催の��地域資源活用フォーラムin高知」に参加した。��ご参照URL⇒ http://www.smrj.go.jp/chiikishigen/jimukyoku/shikoku/033082.html ) 地域活性化特別委員会に所属する私にとって、いくつもの触発と感動、そして、ある種の確信を得た、実に貴重なひとときとなった。 フォーラムは、㈱玄 代表取締役の政所利子氏による基調講演から始まった。テーマは、「四国ブランド活性化戦略」。 濃密に、感動した。おそらく今。 国民・県民の皆様が、あるいは生活者が、最も聞きたいのは、こういう話なんだ、つまり、私たちにもできる、という希望とか予感、そんな気持ちにさせる講演であった。 へき地から限界集落まで、いわゆる田舎と呼ばれる、地方の私たちには、ナイ、がいっぱいある。お金がナイ、仕事がナイ、学校がナイ、病院がナイ。 そのナイナイづくしの中で、最大の課題は、人材がいないこと、と巷間いわれるが、そうではない、と政所氏はキッパリ否定する。 人材はいる、ただ、活躍の場がないだけだ、と。 もちろん、その場は与えられるものではない。かつて全盛時代の公共事業や補助金事業という幻想は、完全に捨てなければならないであろう。 与えられるのではなく、自分たちで創っていく。そのことが時代の要請であり、地域活性化の前提なのだ。 そして、その活性化の本質は。地域固有の資源を地域住民が主体となって掘り起こし、地域外から魅力ある経営資源に転換させること、と氏はいう。 完全に、同意するし、そのことは機会あるごとに私も訴えてきた。今後さらに呼びかけを強めながら、1つでも2つでもカタチあるものにしていきたい、と強く思うのである。 土壇場から元気になった事例は、全国にこんなにもあるのか、と釘付けで講演を拝聴する中で、高知県津野町のエピソードが出てきた。 廃校を利用した農村交流施設「森の巣箱」という取組みだ。どうやって、と思うほど全国からお客様が訪ねてくるのだそうだ。��ご参照URL⇒ http://www.town.kochi-tsuno.lg.jp/kanko_manabu.html ) あっという間の興味が尽きない基調講演に続いて行なわれたのは、パネルディスカッション。 ��素材とマーケットの出会い」と題して、私の元上司である三井文博氏のコーディネートにより、基調講演の政所氏と、観光カリスマ百選に選ばれた、知る人ぞ知る3氏(下記参照)で行なわれた。 そのうちの1人は、わが愛媛・旧双海町が生んだ、あの若松進一さんである。お約束どおり、会場は、爆笑の渦、である。心からの感動とともに。 その観光カリスマ3氏の成功事例に共通するものは、何だったか。 それは、今ここにあるもの、つまり地域固有の素材に、新たな価値と解釈を与え、小さな共感の輪を身近から地道に広げながら、新たなマーケットを拓いてきたということであったろう。 地域活性化は、新たなマーケットづくり。 地域資源の活用による、従来でも既存でもない、新たなマーケットは何か、考え続けたいし、今日得た、心に広がる感動と希望を、県下の1人でも多くの方に広げていきたい、と思った。 帰り道、高知自動車道のトンネルをいくつも抜けながら。足下を掘れ、そこに泉あり、との先哲の言がふと浮かんだ。 ��写真:左から、中小機構四国地域支援事務局GM・ADK四国支社長 三井文博氏、〈http://www.smrj.go.jp/shikoku/index.html〉〈http://www.adk.jp/index_ja.html〉㈱玄 代表取締役 政所 利子氏、〈http://www.kouryu.or.jp/hitodukuri/iinprofeel/Profeel_mandokoro.htm〉農事組合法人伊賀の里モクモク手づくりファーム 専務理事 吉田 修氏、〈http://www.moku-moku.com/〉夕日のミュージアム名誉館長 若松進一氏、〈http://yuuhi.jp/〉馬路村農協代表理事組合長・馬路村観光協会長 東谷望史氏〈http://www.yuzu.or.jp/〉)

    詳しく読む
  • テーマその他

    格差社会は、分断社会

    県民相談、種々。心が重たくなるときも、ある。 最近読んだ潮2月号の記事もまた、重たいテーマであった。タイトルは、格差社会が生んだ“影”。 ベストセラー「下流社会」の著者でマーケティング・プランナーの、三浦展(みうらあつし)氏による寄稿記事である。 もはや否定できない、事実としての日本の格差社会は、なぜ生まれたか。彼は、アメリカ型のネオリベラリズムを受け入れたことを主因に挙げる。 それによって、新たな階層集団が出現し、その現象を、彼は、下流社会と名づけた。が、所得が低い人々が増えた、という下層社会を指しているのではないらしい。 下流社会と名づけ、彼が提起したものは。 あくせく働いて年収500万円を稼ぐより、300万円でもいいから楽に人生を送りたい。そんな価値観をもつ人、総じて人生への意欲が低い人、が増えてきた現象であった。 そういえば、と気づかされる。 同著が上梓されたのは2005年だが、その少し前、失われた10年の間に、私の回りでもこうした価値観が広がりつつあるな、ということは感じていた。 さすが、若者の価値観研究を続けてきた、元アクロス編集長である。 話しを戻すと、その下流社会、あるいは生じた格差社会について。問題は、労使あるいは正社員・非正社員の分断による日本人としての一体感の弱体にある、と。 たとえば。フリーターを怠け者と思う正社員と、つまらない仕事を正社員はよく我慢してやってるな、と思うフリーター。 本当は、同じ時代の中を互いに苦しんでいるという共感を持つべきなのに、そこに接点がないという現実。その通り、と思う。 そこここに大きな溝を生む格差社会は、換言すると、分断社会といえそうだ。正規雇用と非正規雇用、都会と地方、高齢世代と現役世代、そして、政治と庶民。 不満とか、不信とか、対立という、この溝を、どのように埋めていくか。 そして、その溝は。どのような共感を成立させるかという、他でもない政治課題である、と痛感する。 マーケティングが事実と仮説から出発するならば、生活者が直面する様々な困難の事実から、政治はどのような仮説を立てるか問われていよう。 今日も、自身の宿題の重さと大きさを思うばかりであった。

    詳しく読む
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
21222324252627
28293031   
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
24252627282930
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829    
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
       
       
     12
3456789
17181920212223
24252627282930
31      
      1
       
 123456
28293031   
       
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
ブログテーマtheme
アーカイブarchive